パワハラ

パワハラで訴えられそうな場合はどう対処すれば良いですか?

投稿 2019/05/17 15:57 編集 2019/05/17 15:57

回答
1

お気に入り
0

PV
119

私は課員5名の課で課長をしていますが、先日、異動してきて半年程の若手社員から「パワハラで訴えます」と言われました。事の発端は、その社員が配属されてから3ヶ月ほど過ぎ、一通りの業務を任せられるようになった頃、些細なミスが目立つようになり、私が注意することが多くなってきたことに始まります。

 

私は元々あまり口の良い方ではないのですが、それまで課内では冗談も言い合えるような関係だったため特に問題も起きていませんでした。しかしながらその社員は今までそのような上司や同僚と仕事をして来たことがなく、私が他の課員に対するのと同じような接し方をしてしまったのが不味かったようです。もちろん私自身にも反省する点があるのは重々承知ですが、なんとかその社員を諫める方法はないでしょうか?

kachou
2019/05/17 15:57
評価数 0 フォロワー数 0
0

まずは質問者さんの指導方法や言い方に明らかな問題がなかったか?訴えを起こそうとしている部下の方の業務内容あるいは勤務態度に問題がなかったか?その辺りを整理して考えていく必要があります。

パワハラとは、『同じ職場で働く者に対して、地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、適正な範囲を超えて、「精神的・身体的苦痛を与える行為」または「職場環境を悪化させる行為』と定義されています。
裁判に発展した場合、客観的に見て、あなたの行為が上記に該当するかどうかが論点となります。

あなたがまずすべきことは「会社に報告すること」です。出来れば会社に報告せずに済ませたいと思うかもしれませんが、会社に報告せずに個人的に部下に対してお金での解決等を提案してしまうと、後日裁判で「個人的に隠蔽工作を行った」と主張され、裁判で「パワハラがあった」と判断されかねません。個人的に対応することは絶対に避けましょう。

次に、部下が主張する内容について事実と異なる点があれば、時系列に沿って事実を説明できるようにしておきましょう。まず、部下がパワハラと主張する内容をあなたが会社から伝えられたときに、部下の主張内容に事実と異なる点がないかをよく確認することが必要です。
例えばメールなどの客観的な証拠に基づいて説明することは非常に有効です。

もし、あなたが正当な指導を行ったと考えるのであれば、正当な指導であることを説明する必要があります。
まずは指導の原因となった部下のミスや業務態度の問題を詳しく説明します。次に、あなたが部下に行った指導が、部下に対する人格的な攻撃や嫌悪感によるものではなく、部下の業務の改善のためのものであることを説明します。

このようにきっちりと理論建てて反論していくことが必要です。あなたの上司も混じえ、その部下の方としっかり会話を持って、最悪の事態にならないよう対処してくださいね。

mentalmanjyu
2019/05/20 16:43
評価数 0 フォロワー数 0