仕事の悩みその他

男性が多い職場での妊娠中や育児休暇の理解を得る方法は?

投稿 2019/06/06 20:25 編集 2019/06/06 20:25

回答
1

お気に入り
0

PV
125

女性は結婚すると妊娠や出産といった問題が出てきてしまい、
それによって育児休暇をとって思うように仕事ができないという状況が多いです。
妊娠中で働いているときも、つわりがひどくて仕事ができない、眠くて仕方がない、などという症状があったりします。

女性の多い職場であれば妊娠や育児休暇での働き方について理解が得られるかもしれませんが、
男性の多い職場ではなかなか理解が得られないということもあるかと思いますが、どう対応したらよいのでしょうか。

ペコ
2019/06/06 20:25
評価数 0 フォロワー数 0
0

妊娠や育児休暇に関して職場から理解を得られないのであれば、
いっそ職場を変えるということを検討した方が良いのではないでしょうか。

最近は女性の働き方も検討されるようになり、
女性が妊娠や出産で仕事が十分にできない場合も理解を示すように促されていますし、
例えば妊娠や出産を理由に女性を解雇してはいけないという法律もできています。

しかし、その一方でつわりなどという問題は経験していない人にはわかりにくい問題であり、
妊娠の時点で職場の理解を得られないのであれば、出産したらなおさら理解が得られないと考えても問題ありません。

出産した場合、例えば赤ちゃんを保育園に預けて働いたとしても、赤ちゃんが熱を出せば保育園に預けることができませんし、
保育園に預けてから赤ちゃんが熱を出せばお母さんは赤ちゃんを迎えに行かなければいけません。

もしも妊娠しているときに職場の理解が得られない場合、仮に出産した後、
仕事を抜け出して赤ちゃんも迎えに行くということが理解してもらえるでしょうか。
もしも理解してもらえないのであれば、出産後そこで働くという事はなかなか難しいといえます。

だからこそ、妊娠中にその職場の理解が得られないならば、いっそ仕事を辞める、職場を変える、ということを検討しましょう。
もしも家で安静にしていなければいけないような状態ならばいっそ仕事を辞めて、
赤ちゃんのためにゆっくり過ごすことも大切です。

確かに妊娠を理由に仕事を辞めるなんて嫌だ、と感じる人もいるかもしれません。
しかし、妊娠しているお母さんは何よりも赤ちゃんのことを優先に考える必要があります。

そこで今耐えたとしても、出産後、理解が得られないと感じるのであれば、
いっそその仕事を変えることが重要なのではないでしょうか。
女性の働き方は男性の働き方と同じようにはいかないのです。

アッコ
2019/06/07 00:36
評価数 0 フォロワー数 0