転職・就職

転職の際の職務経歴書の書き方について

投稿 2019/06/28 00:44 編集 2019/06/28 00:44

回答
1

お気に入り
0

PV
120

転職活動をしようと考えています。
そこで職務経歴書を書くのですが、
今まであまり責任のある仕事を任せられたとは言い難いのでどのように書いたらよいのかわかりません。

また、会社では3つくらいの部署を経験しましたが、
どうも統一性がないので書きにくいですし、
成果と言われても何を書いたらよいのかわかりません。

転職の際の職務経歴書には何を書いたらよいのか、
どういったかたちで書き進めていったらよいのかを教えてください。

ultramantaro
2019/06/28 00:44
評価数 0 フォロワー数 0
0

職務経歴書と言うのは、あなたがどのような仕事をしてきたかを知るものなので、
すごい仕事を任せられたなど虚勢を張る必要はなく、また、気おくれをすることもありません。

これは、求める実務能力を満たしているか、仕事に意欲を持っているかなどといったことを見るのです。
具体的には部署名とその中で自分がやってきた役割を書きます。
職務経歴書は、経歴の羅列ではありません。

時系列に沿ってその時々の業務内容をまとめていき、
そこで身に付いた力や習得したスキルなどを書くと、面接時の話にも進みやすいです。

例えば営業経験であったら、
どのようなクライアントにどういったものをどういった工夫で売っていったのかを書くとよいでしょう。
測れる成果があるのであれば、そういった成果を書くのも良いです。

また先輩として後輩指導の経験があるなら、そういったことも記述します。
しかし、だからといってたくさん書けば書くほど良い、というものでもありません。

A4用紙の1枚から2枚程度にまとめるのがベターでしょう。
そして、職務経歴書すべてを通してこういったスキルを習得してこうなりたいからこのような業界に転職したい、
といったように志望動機とあわせて一貫性のある書類にすることが大切です。

とはいえ、初めての人は自分の職務経歴をまとめるのが難しいかもしれません。
そういったときには、インターネットなどで入手できる職務経歴書のフォーマットを利用するのもよいでしょう。

ポケットビスケット
2019/06/28 08:05
評価数 0 フォロワー数 0