業界別その他

20代の社員に最低限のパソコン技術を身につけさせるには?

投稿 2019/07/05 00:47 編集 2019/07/05 00:47

回答
1

お気に入り
0

PV
82

職場で教育担当になって思うのですが、20代の社員のパソコン技術がとても低いです。
数年前に入った新入社員が「卒論はスマホで書いた」と話した時、
笑い話と受け取っていたのですが、近年はもう切実な問題になりつつあります。

学校での授業でしかパソコンを触っていないと言った、
基本操作すらあまり分かっていない状態で社会人をはじめる者も多く、
「わからないところは聞く」といったいい意味でいえば若者らしい素直さがあるので、
こちらの指導時間が膨大なものになります。

教えること自体は嫌いではないですが、通常業務に支障をきたすほど時間を取られます。
また、研修なども一応定期的にしているのですが、教えてもこちらの求めるレベルまで中々到達しません。
若いスマホ世代にパソコン技術を身につけさせる良い方法があれば教えて下さい。

 

飯田ヒロキ
2019/07/05 00:47
評価数 0 フォロワー数 0
0

若者世代のパソコン離れが話題になったのは数年前でしょうか。
以降、加速しているのを現場の社員は身に染みて感じているのでしょう。

スマホ世代よりも前のパソコン世代なので、私にもよくわかります。
結論から言えば、自力で興味関心を持ち技術を向上してもらうのは無理だと思います。

ひと昔前は、最低限のパソコン技術があるのが当たり前で、
それを基礎に会社に入ってその会社のやり方に対応し、応用をきかせていくものでした。

しかし、今は、まずパソコンの基礎を教えねばならないのが当たり前。時代は変わったのです。
ですが、考えようによっては、これはこれでいいのかもしれません。
下手な癖もなにもなく、まず吸収させられるのが自社のやり方であるのだから、
手はかかってもその分、会社に適した人材になることでしょう。

ただ、悩ましいのが、スマホ世代の多くが、仕事で必要だからパソコンを使うだけであり、それ以上の必要性を感じていないところです。
なので、自力で向上する気もさらさらない。
ゆえに、指導した分以上の成長を感じられるかどうかは、確かに難しいところです。

また、基礎のある人に質問すれば数秒で解決するような問題を、
勉強のため自力で答えを導きだそうと何十分も悩むなんてことは、無駄もいいところです。

なので、素直に聞いてくれるというのは、とてもいいことだともっと思うようにしましょう。
そして、それが身についているかどうかを悩むよりも、
自分がいかに出来ていないかをわかってもらえるようにした方が得策です。

むしろ、何でもいいからどんどん聞いてのスタイルがいいでしょう。
私の勤めた職場でも同じ問題が起こり、担当者は日々、
「なんでこんなことも知らないの…」「こんなことで呼び出さないでよ…」「もう何回同じこと教えてるの…」と鬱々しながら対応していたものですが、
それでも、「自分で調べるのも大事だけど聞くのも大事」であると徹底していました。

と言うのも、内線をかけて「こういう場合どうしたらいいんですか」と質問させれば、
もしかしたら周囲でわかる人が居て、自分が出向かずとも代わりに教えてくれるかもしれないという発想です。

また、自分が何をわからないのか、相手に話すことで使えない自覚が強くなります。
技術向上の前に、パソコンがそんなに使えなくてもどうにかなるよな思考をぬぐうことが大事です。

前澤勇作
2019/07/05 08:38
評価数 0 フォロワー数 0